所長 谷川俊太郎とのインタビュー

谷川会計総合事務所 所長 谷川俊太郎
谷川会計総合事務所 所長 谷川俊太郎

所長 谷川俊太郎さんインタビュー

 

Q 最近「中小企業の経営セミナー」の講演のテーマはどういったものが多いですか。

 

A やはり、会計に関するものが多いですね。

 会計士ですので、会計をどのように経営に活かしていくかを常に考えて伝えていきたいと思っています。

谷川会計総合事務所 所長 谷川俊太郎
谷川会計総合事務所 所長 谷川俊太郎

Q お父さんが会長で、あなたが2代目ですが、実際に事業承継を経験している中で、気を付けていることは何ですか。

 

A 一番気を付けていることは、バランスです。会計事務所は、顧問先様とこれまでの関係性が非常に重要になってきます。

 私が2代目として会計事務所に入って急激にドラスティックに変えていくとなると、これまでの関係性を壊してしまいかねないと考えています。今は徐々に変化していくことが大切だと思っています。

 

 

 

 

Q 会計士の資格を取られて、大手の監査法人に勤務されていましたが、そのころの仕事の内容やエピソードを聞かせて下さい。

 

A 公認会計士の仕事は、今の税理士としての仕事とは大きく違います。仕事の内容は、主に大企業の決算書が正しいかを見る「監査」という仕事が中心でした。

 その仕事で一番印象に残っていることは、常に「何が正しいか?」を考えさせられたということです。会計基準に書いてあることを当てはめるのではなく、「実態はどうか?」を常に考えさせられていました。そのことはこれからの仕事でも意識していこうと思っています。

 

Q 監査法人で学んだことで、今の仕事で役に立っていることは何ですか

 

A 先ほども書いたことですが、「何が実態か?」を常に考えるクセは、今の仕事でもとても重要になっています。お客様の状況が全く同じということはあり得ませんので。

 その他には、「監査」では大企業を見れますので、お手本のような管理体制を目にする機会に恵まれました。「何があるべき姿か?」を見れることができたのは、お客様へのアドバイスにも役立っていると思います。

 

 


Q 今後谷川会計総合事務所の事業やサービスをどう展開されようとしますか。

 

A 中小企業診断士の試験にも合格しましたので、会計以外の経営戦略などのサービスを一緒に展開していきたいと考えています。
 会計事務所はお客様と長いつきあいのできる仕事です。経営戦略も目先のことではなく、長い目で構築することが必要になってきます。経営戦略の構築からその実行まで長いつきあいの中で支援していけたらと考えています。

 

 

Q 特にどういった業種や事業の方を、支援されようとしていますか。

 

A 特定の業種や事業を対象にしようとは考えていません。なぜならば、他の業種でうまくいったことを取り入れることで成功した例は多くあります。

 同業界の成功例を真似ると「二番煎じ」と言われますが、他業界の成功例を取り入れると「革新的」になります。経営戦略を一緒に考えるにあたり、同業界のことばかりを考えるのではなく、他業界の例を提示することで、思考を広げるお手伝いをしていけたらと思っています。

 

 

所長のブログ、毎日更新中!

 

詩人じゃなくて会計士♪谷川俊太郎の日常

谷川会計総合事務所

お気軽にご相談ください

谷川会計総合事務所外観
谷川会計総合事務所外観
ご相談に来て頂いた方には 「絵本で学ぶ経営戦略」を 無料プレゼント
ご相談に来て頂いた方には 「絵本で学ぶ経営戦略」を 無料プレゼント

〒918-8007

福井県福井市足羽4丁目7番20号

 

TEL:0776-36-1788

FAX:0776-36-8662

受付時間9~18時

 E-mail

tanikawa@tanikawakaikei.jp